お取り寄せグルメ

京都銘菓八ツ橋のおすすめはコレ!美味しい食べ方も紹介!!

やつ橋

私が住んでいる京都府のおすすめグルメ(お菓子)は、八ツ橋です。京都のお菓子といえば八ツ橋を思い浮かべる人も多いかと思いますが、その通り、お土産にも最適なのがこのお菓子です。

私が八ツ橋をおすすめする理由は、なんと言っても京都らしさ。京都にいなくても、あの見た目と香りを体感すれば京都に足を踏み入れたような気持ちになります。

また、八ツ橋には様々な種類が存在しており、王道のニッキ味だけではなく、抹茶やチョコレートなどから、季節限定のお味も楽しめます。生八つ橋が苦手な方は、硬さのある八ツ橋もおすすめしたいと思います。

八つ橋の特徴は独特な香りにあり!

やつ橋特徴としましては、生八つ橋ですと、柔らかな食感とふわりとした甘み、八ツ橋独特の香りが特徴です。その香りが好きな方にとってはやみつきとなるでしょう。

独特の香りが苦手な方は、上記でも書いたとおり、味違いのものも売られているので、抹茶やチョコレートなどのお味を試されると比較的食べやすいのではないかなと思います。また、八ツ橋には生ではなく、焼いてある瓦のような形のものもございます。

こちらは食感が苦手な方におすすめです。ニッキの味は濃くなりますが、その味がお好きな方にとっては非常に好まれるのではないでしょうか。

ゆったりと寛ぎながら食べて欲しい逸品

八ツ橋は、老若男女問わず、どなたでも美味しく召し上がっていただけるお菓子です。ただ、香りの特性であったり、食感であったりが独特なため、お子さんや若い方に好まれるような味ではなく、どちらかというとご年配の方にお渡しするのがおすすめです。

和菓子ですので、サクサクと食べるというよりは、ゆったりとした、くつろげる時間を作れる方のほうが良いかもしれません。

ちょっとした旅行のお土産にお渡ししたり、京都らしい食品を求めている方にはもってこいのお菓子だと思うので、京都気分を味わいたい人にはとてもおすすめできる品物となっています

私のおすすめする八つ橋の食べ方

やつ橋おすすめの食べ方としては、お菓子ですのでそのまま召し上がっていただくのが一番いいのではないでしょうか。八ツ橋は和菓子ですので、ご飯として食べるというよりは、おやつの時間に食べることをおすすめいたします。

京都らしさをより感じたい場合は、煎茶やほうじ茶、抹茶など少し本格的なお茶と一緒にいただくと、ニッキの味がお茶の香りと混じり合い、新しいハーモニーを生み出します。

とても美味しく召し上がれるので、ぜひ美味しいお茶と共に八ツ橋を手にとっていただければと思います。甘みが強い商品ですので、食べ過ぎにはご注意ください。

地元民からも愛される八つ橋の魅力

アピールポイントは、味、食感、香りの組み合わせが類を見ないことです!それにより、八ツ橋はかぶることなくより存在感を出しています。

我々地元民も、お土産屋さんにふと立ち寄ると、つい八ツ橋に目が止まってしまいます。食べたことのない味を体験してみたい、京都らしい昔ながらの味を体験してみたい、そういった人にはぜひ食べてみてほしい商品です。

夕子の八ツ橋はバランスの取れた味で、まさに八ツ橋!という感じです。初めて食べる方は、夕子の八ツ橋を選ばれると間違いないと思います。パッケージも目に止まりやすいと思います。

まとめ

やつ橋以上、重複している部分もありましたが、京都の銘菓である八ツ橋について、オススメポイントと共に書かせていただきました。今回は【夕子】というブランドの八ツ橋を記載させていただきましたが、京都では、他にも八ツ橋を売っているブランドが存在します。

もし他にも気になる様でしたら、京都に足を運んでくださった際に見てみたり、ネットで検索していただければと思います。

ゆったりとくつろげる時間のお供に、家族との団欒場面でのお菓子に、様々な場面で八ツ橋を食べる機会があれば嬉しいなと思います。少しでも気になった方は、ぜひ購入してみてください!